読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散文的に笑う。

ネットコミュニティに巻き込まれたいサラリーマンクリエイター(笑)の雑記

好きだった子と同窓会ラブしたらビッチだったGW

今週のお題ゴールデンウィーク2016」


今年のゴールデンウィークの話ではなく、約5年前の思い出話。

前回の記事に書いた通り、僕は中高で私立男子校に進学したため地元のつながりが極端に無くなっている。(高校時代に引っ越しているので尚更)

友達が少ない人はゴールデンウィークを過ごせない - 散文的に笑う。

そして大概のエリアでは公立中学は複数小学校の卒業生で構成されているので、小学校の時のメンバーで同窓会するなんてのは稀なことだと思う。


でもうちの小学校は男女問わずそこそこ私立中学受験組がいたので、これまで2回だけそのお受験組を中心に同窓会が開かれた。

卒業後3年後の中3と、さらに9年後の24の時。これは24の時のゴールデンウィークに帰省した時に行われた同窓会の話。


同窓会なんて言っても、当時ミクシィでかろうじて繋がっていた15人くらいのもので、基本は私立中学組、3人くらいが公立組。という程度の規模。

とはいえ、小学校の友達と酒を飲むなんて初めてだし、そもそも引っ越してしまった僕としては元の地元の居酒屋やバーに行けるようになるなんてのはすごくワクワクして楽しかった。


お互い一部同士しか連絡先を知らないまま集まった会だったので、1軒目の最後には全員で交換。2軒目は24時くらいに終わったのを覚えてる。

実家が引っ越してしまっている僕と、結婚で引っ越している女の子はそれぞれタクシーに乗り、あとのみんなは徒歩で帰って行った。

僕は帰省してすぐの飲みで疲れていたのもあり、帰ってソッコー爆睡。


次の日起きてみると、歩いて帰っていった組の女の子から深夜2時くらいに着信履歴が残っていた。はて?なんだろう?俺のこと好きか?と早速淡い妄想と、だとすると電話取れずもったいないことした、という後悔がやってくる。

この女の子は僕が小5〜小6まで好きだった子だ。


僕は阪神大震災被災者で、うちの小学校でも死者が数人いた。そして死亡、怪我問わず家が全壊して転校を余儀なくされたり、逆に他のエリアから転校してきたりと、小3から小5にかけて学年の半分くらいが入れ替わったことがあった。

その好きだった女の子も入れ替わりで同じクラスにやってきた子の一人で、転校生好きになっちゃいがち小学生としてはほぼ一目惚れした子だった。

しかも同じ私立受験組。好きにならないわけがない。


そんな子からの深夜の着信。気になって気になってすぐに、何だったのかを問うメールを送った。

比較的すぐに返事がきて、どうやら同窓会のあと結構みんなでまだまだ話し込んだらしく、どうせならもう一回こないか?という誘いの電話だったことが判明。

なんだよデートじゃないのかよちくしょう。


しかし、こちらも友達少ない帰省中。なんとかデートにもちこめないか画策。

今日もひまだよ、えっ?お前もひまなの?じゃあどっかいこーよ、昨日飲んだし今日ドライブにする?親の車借りられるわ。オッケー、メシ食ってからにするかー。じゃあ20時に!

とトントン拍子に進むが最後に向こうから大駆け引きのボールが投げられる。

誰呼ぶ?

これは、二人が嫌なのか、二人でいいじゃんという返事待ちなのか。まぁ、それぞれちょっと考えとくかーという結論でお茶を濁す。


結果、その件には触れずに時間を迎えるというテクニックで、約束の場所に車で到着。

初めて助手席に小学校の時好きだった子を乗せるドキドキ。当時と変わっていない、黒髪でちょっとサバサバした感じの気の強いキレイな顔立ちの女子。そしてあの頃からの巨乳。

良くも悪くも12年前の頃から変わっていない。変わったところと言えば、当時高かった背はさすがに僕に追い抜かれたくらい。


いや、完全に変わってました。中身が。


まずはお茶でもしようと、国道沿いのいわるゆるオシャレな夜カフェ的なところに入って話し込んだところから始まる。

ちょっとお嬢さん気味の女子校に入ったあとからの恋愛遍歴、いや性的遍歴。すごく語ってくれる。

もう昔の頃からだから細かい事は忘れてしまったけど、印象に残っているのは絶賛不倫中だったこと。しかも偉い上司(45歳)。その子は一般職だったけど、かなりの一流企業。しかも社内恋愛禁止とな。それ、僕に言っちゃって大丈夫ですか?

初めは成り行きで飲み会後に口説かれて、全く好きではないがテクニックがすごいからというだけで週一で続けてると。


淡い恋心がぶちのめされたところで、またドライブへ。

当初の予定どおりロマンチックな夜景を目指すものの、道中でさらに衝撃。大学時代はバイト先の店長と付き合っていて、店のバックヤードでヤリまくっていたと。

そりゃ、12年も経てばそういうことする子にもなるかなと思うけど、一番の驚きはそんな12年ぶりの再会の僕にペラペラ話してしまう精神性。

何かな、僕が聞き上手ですかね。


ロマンチックな夜景で、「知ってたと思うけど俺お前のこと好きだったんだよ」的なことは申し上げたものの、まぁ彼女にしてみれば当然の流れだったんでしょう。

そこから手つないで、また車乗って家の前まで送って、キスしたらまぁ完全に不倫話から想像される女豹の顔つきになられて

「こんなん帰れんくなるやん…」

という手応えはあるもののなんとも言えない気持ちになる言葉をもらいホテルへ。


小学校の時からの巨乳が今やFカップという話を聞きながら、一生懸命揉ませていただきセックスが終わったあとに

「久しぶりに同い年とした。やっぱり若い人って感じのエッチやね(笑)」

というトラウマなセリフを言われたっていうのが、ゴールデンウィークの思い出。

(笑)の意図が未だに悩む。


後日メールしたら

「もう止まらんかなるから会わへん(笑)」

て言われたけど、12年の歳月って怖い。

あれから5年、どう進化してるのかな。