読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散文的に笑う。

ネットコミュニティに巻き込まれたいサラリーマンクリエイター(笑)の雑記

ネットで恋をしたおねえさんが亡くなっていた

15歳。高1の秋、僕は21歳のおねえさんとインターネットのチャットで知り合った。

前の記事と同じチャットだった。

ネットで出会ったメンヘラ美少女に恋をした16年間 - 散文的に笑う。

 

写メ交換で見たおねえさんは黒木瞳をとびきり若くした感じで、それはもう美人だった。

お父さんが大きめの自営業者で、高校卒業以来そこで働いてるという自由気ままなおねえさん。

 

当時やっていたドラマや映画の話題でひとしきり盛り上がって、結構すぐに会うことになり、僕らは梅田で待ち合わせをした。

普段はなんばで遊んでるおねえさんを梅田でどこにつれていけばいいのかもわからず、なんとなくジョイポリスで無難な高校生デートをしたあと、晩御飯はおねえさんにつれられてアジアンダイニングに行くことに。

当時はまだ未成年飲酒確認もゆるかったこともあり、おねえさんにすすめられるまま僕はカシスオレンジを飲んだ。

甘酸っぱくて、おねえさんとの関係そのものみたいな味がした。

 

そんな、他愛も無い初デートを終えたあとも、チャットはずっと続いていたし、僕はどんどん好きになっていた。

チャットだけじゃなく、長電話も何回もした。

家はすごく離れていたけど、電話をしながら一緒にしし座流星群を見てそのロマンチックな瞬間に思い切り溺れていた。

 

当時、おねえさんと一番盛り上がっていた話題はドラマ「恋を何年休んでますか」。ここに出てくる、黒木瞳とその旦那の後輩役をしていた伊藤英明の年の差恋愛。

お互い口には出さないけれど、この二人に自分たちを重ねていた。だって、おねえさん黒木瞳そっくりなんだもん。

この二人がドラマ中見に行った映画「スウィートノベンバー」。11月だけの限定恋愛の話。

2回目のデートはもちろんこの映画だった。

 

予定の都合上、なんばの映画館で映画を見たのは11月30日。街がクリスマスムードに彩られ始めた日。

映画のヒロインもまさにおねえさんと同じような自由奔放でつかまえたくなるけどつかまえられない可愛らしい女性だった。

 

僕はこの日におねえさんに告白しようと決めていた。もちろん21歳が高1なんかと付き合ってくれるわけがない。玉砕覚悟。

映画のあとモスバーガーで晩御飯を食べながらいつ告白するか勇気が出ずに思案していた。

そんな僕を見抜いてかおねえさんが切り出した。

「この後どうする?」 

とっさに答えられない僕におねえさんは続ける。

「うちくる?」

その質問には即答した。

 

名前だけは聞いたことあるけど、はじめて来るおねえさんが住んでいる街。駅は大きいけど離れるとすぐ暗い住宅街に入る風が強いさみしい街だった。

「ぴったりしたいX'mas」が流れる最寄りのコンビニで二人分のお酒を買い込んでおねえさんの家にお邪魔する。

はじめて入った女の子の一人暮らしの部屋がその部屋だった。デロンギのタイマー設定で既に部屋は暖かかった。

 

おねえさんは部屋に着くなり、暗くして間接照明とテレビの光だけにして乾杯した。

ちょっとの雑談の後、僕はやっとの勇気を振り絞って好きです、と告白。

返事がないまま押し倒されて僕らはセックスをした。

たぶんそのまま3回、起きて1回ぐらいしたんだけど、ついに返事は聞けないままだった。

 

なんとなくそのまま日々は過ぎたけど、一週間後意を決して返事を改めて電話で聞くことに。

もちろん返事はノー。さすがに付き合えないと。僕がおねえさんとセックスするまでに2人経験があることに興味があり、童貞じゃない高校生とセックスしてみたかっただけと告げられる。

まさに僕が恋した期間はスウィートノベンバーだったと突き放された瞬間だった。

 

だけど、セックスだけなら続けたいとおねえさんは言うので僕はあきらめなかった。

呼び出されたら家まで行き、おねえさんの家から学校に行く日もあった。おねえさんが求めるセックスができるよう教育された。上達するたび褒められた。

でも会うたび思いは伝えるが、笑って流された。

 

むしろ僕の好意を避けるかのように重い過去を次々打ち明けられる。

援助交際していたこと、道で拉致されてレイプされたこと、バツイチなこと、妊娠したけど流産したこと。

もしかしたら避けるための嘘かもしれないけど、僕は一緒になって泣いた。

 

僕の思いはエスカレートしていて、クリスマスイブを過ごしてくれた時にはティファニーをプレゼントしたし、おねえさんの22歳の誕生日にはバラを贈った。

おねえさんはいつもそれに笑ってくれていた。

でも、バレンタインデーの日はサプライズで遠い僕の家の最寄まできてくれて手作りチョコをくれたから、なんとなく気持ちは繋がっている気はしてたんだけど、それは勘違いだった。

 

ホワイトデーも返せていない3月上旬。電話でシンプルにフラれた。「飽きた」と。

まぁ泣いたし、まぁ勉強も手がつかなったけどしかたない。

おねえさんと絵文字を贈り会うためにJ-PHONEに替えたのだけは痛かったけど飲み込むことにした。楽しい半年間だったと。

 

とはいえ、思春期の男がこんなおねえさんと出会って忘れられるわけがない。

ミクシィTwitterFacebook。新しいSNSができるたびに彼女の名前で検索した。でもずっと見つけられなかった。

 

僕が社会人になったある日ふと思い出す。おねえさんの実家が自営業だったこと。働いてたんだし、何か手がかりがあるかもしれない。

お店のホームページを見つけ出し、社長ブログを確認する。おねえさんと同じ名字の社長だ。間違いなくお父さんだ。

そのブログの全文検索に彼女の名前を入れる。

最初に出てきたのが、お父さんが彼女の命日に墓参りに行った記事だった。

仕事中にもかかわらず涙が止められなかった。

さらに過去の記事を読むと、お父さんがリンクを貼っていた。おねえさんの闘病ブログだった。

 

僕と会わなくなってからの詳細は分からない、でもどこかのタイミングで再婚していたようだった。そしてそれから間も無く重い病気を発症。だんだんと死を目前にした旅行、通院から入院、毎日身体を動かさなくなって行く様子が綴られていた。

最後の更新は旦那さんの代筆記事で、読者への亡くなった報告と最後の様子や言葉が載っていた。

 

信じられなかった、自由奔放で破天荒でエロくてめちゃくちゃ楽しいおねえさんが30歳で亡くなっていた。

親しい若い人が亡くなった経験がなかったので一際衝撃だった。

お墓参りにも行けない関係なのも悔しかった。

 

忘れられなくて、近況を知ってもう関係ない人だと知って忘れたいから調べたのに。もっと忘れられなくなった。

淡い青春の記憶で留めておけばよかったのに、僕は知ってしまった。

 

どうすることもできないけど、この衝撃はやっぱりインターネット上に残しておきたくて、それが一番のこのブログをはじめたきっかけでもあったのです。

ネットで出会ったメンヘラ美少女に恋をした16年間

たしか16年ほど前の中学3年生の時、僕はどっぷりインターネットに浸かっていて、特にチャットソフトにハマってた。

僕が一番使ってたのは、都道府県と性年齢まで掛け合わせて検索できるフリーウェア。そこがネットでの初恋の彼女との出会い。

 

彼女は一つ上の高校一年生。九州のとある県の公立の中でもなかなかの進学校に通ってるとのことだった。リアルな出会いを求めて近隣しか検索していなかった僕が、彼女のプロフ画像に一目惚れして遠距離のメッセージがスタートした。

 お互い進学校だということで、学校の話、受験の話、すぐに打ち解けあい、毎日やりとりするようになるまではすぐだった。

何度か顔写真のやりとりもしたけど、一目惚れした通りの美しい顔を眺めているだけで楽しかった。

 

彼女はどうやら少しメンヘラ中二病で学校ではあまり友達を作らず、ネットの世界と映画観賞に生きているようで、これまたメンヘラ好きの僕としてはますます好きになってしまった。

ミニシアターの邦画に出てくる俗世から少し浮いた制服姿の少女を思い浮かべて、なんとなく海辺の護岸壁をカメラ片手に一人で歩く彼女を想像してた。

僕にとって彼女は間違いなく『害虫』 の宮崎あおいだった。

 

彼女は当時流行ったフリー素材とか、自分で撮った画像を加工したよくわからないサイトをたまに作っては消し、また違うアドレスで作っては消しというのを繰り返してた。今思い出すと、よくわからないポエムみたいなものや彼女の目だけクローズアップした写真が載せられていて、中二病ど真ん中だったと思う。

たまに掲示板が設置されることもあって、そこには男女問わず信者的な人がポツポツとコメントを残しており、僕もその信者の一人として彼女の世界観に浸っていた。

僕にとって彼女は間違いなくリリィシュシュそのものだった。

 

チャットソフトからMSNメッセンジャーに移行し、僕らのやりとりは毎日毎日数時間深夜まで続いた。冗談じゃなく今までの人生で一番コミュニケーション量が多いと思う。

学校であったことや、社会への不満を語り合った後、しばらくチャットが途切れたと思ったら、おもしろいサイトやFlashのURLが送られてきて、僕も彼女が好きそうな映画のニュースやテキストサイトを送った。

吉野家コピペ先行者も彼女と笑いあった。

 

そんな日々が続き僕が高1、彼女が高2になった頃、一週間ほど彼女がオフラインのままだった。2〜3日いないことはあってもただのタイミングのズレだったりして、ここまでのことは初めて。

久々にオンラインになった彼女から聞いたのは、自殺未遂していたということ。大量の風邪薬か何かを服用して死のうとしていたところを家族に見つかり、救急車で運ばれ胃洗浄。しばらく入院してたらしい。

 

ああ彼女は本当に僕の女神になったと思った。普段から死にたいだの、ハルシオンがどうだの、完全自殺マニュアルが面白いだの言っていた彼女が本当に死のうとした。もちろん居なくなるのは寂しいけど、猛烈なカリスマ性を感じた。それを飄々と報告してくる姿にも。

 会えないから行動には移せないけど、この気持ちは恋なんだと思った。

 

彼女に恋をしながらも、僕は恋人ができたり初体験をしたりとしていて、それをまた僕はリリィシュシュな彼女に報告して、弟を見るように喜んでくれた。

彼女はどうやら処女で彼氏も作っていない様子。一度、クラスの体育祭の集合写真を送ってくれた時、クラスで一際白く圧倒的美少女なのに暗そうで端っこに写っている様子を見たときは、本当にフィクションのヒロインのようだった。かわいいけど近づきがたい。彼氏ができないのも納得。

 

彼女が高3になった頃、初めて男の影を感じた。このサイト、おもしろくない?と送ってくれた個人ページ。

歴史的事件や、動物やらをPhotoshopで荒く白黒でコラージュした写真をクリックしていくと、さらにコラージュが出てくるというサイト。これまた中二病感満載だったけど、あの当時に素人がそんなクオリティのサイトを作るなんてNHKデジスタでしか見たことなくて、衝撃を受けたのを今でも思い出す。

東京の大学生のよくチャットする男の子が作ってるんだけどかっこよくない?という彼女のメッセージに、僕は男としての嫉妬心と作品への嫉妬心両方で素直に返事できず、うん、いいねと送るのがやっとだった。

 

そこから、彼女は受験勉強の本格シーズンに入って行くんだけど、たまに出るコラージュの彼の話に毎度心がざわついた。

そして、僕が高3になった春、彼女は東京の大学へ進学。コラージュ男がいる東京へ。

 

大学生になった彼女は少し髪色が明るくなり、ますます可愛くなって、案の定コラージュ男と何度か会い、その報告を僕にしてくれた。

まだ付き合ってはいないようだったけど、心の中では気が気でなかったし、嫉妬に苦しみつづける毎日。

 

そして僕も大学合格。諸々の環境の条件もあり、関西の大学に入ることになった僕はもう半分彼女のことは諦めていたけど、一つだけ夢を叶えることにした。

大学入学直前の春休み、僕は彼女に会いに東京に向かった。

 

知り合ってから4年間焦がれて、原宿で初めて見た本物の彼女は写真よりも想像よりも美少女で、ちっちゃくて、オーラがすごくて、もっと好きになった。

彼女と原宿でクレープを食べて、渋谷でプリクラを撮って、お台場でフジテレビに行って、汐留で晩御飯を食べた。今でも何をしたか全部覚えているほど楽しい思い出。

帰り際、あまりにも離れたくなくて彼女の家付近まで見送り、僕は漫画喫茶で一夜を明かして関西へと帰った。

 

一度だけ彼女の家に荷物を送ったことがあったから、住所を知っていたので朝家の前まで行ってみるという気持ち悪いことをしたけど、もちろん彼女はお見通しで、家まできたでしょ?笑 と次の日に言われて、ますますドキドキした。

 

ここからは、一気に時間が過ぎるんだけど、その後もやりとりは続き、結局コラージュ男と付き合ったこと、彼との珍妙なセックスの話、大学生活なんかも聞いていたものの、僕自身も大学生活でリズムやネットとの距離感がかわり、次第に連絡をとらなくなっていった。

 燃えるほどの恋が徐々に薄れてきて、僕もこれでよかった思う。

 

そして、ネットで出会ってから9年。大学を1年留年した僕が就職で上京。

研修期間の最中、ふと思い出す。あれ?東京にはあの子がいるんじゃないか?

一か八か、通じるかわからない彼女の携帯アドレスへ上京した旨をメール。半日後には返事が来て、彼女が東京にいること、彼とまだ続いて同棲していること、就職したことを知る。

邦画のヒロインのような独特のテキストの打ち方は健在で一気に懐かしい気持ちが蘇った。

 

でも、僕も彼女もなんとなく乗り切らなかったのか、結局やりとりはすぐに止まった。

1年後くらいにもう一度、メールのやりとりをして新宿のロボットレストランについて来てほしいという相変わらずの突拍子も無い話をくれたものの、結局タイミングが合わず。

これが最後のやりとりになったまま。

 

そして知り合ってから16年の今。去年の夏にLINEにいることに気づいて、プロフ画像を見ると、とある展覧会での遠目からの写真だから顔ははっきりわからないけど、30を超えてもっと美しくなったであろう彼女の姿があった。

本名は下の名前しか覚えていないし、ハンドルネームも何度か変わる子だったからFacebookでは見つけられなかった彼女にやっぱり胸が締め付けられた。

 

思わずメッセージを送ってみたら、既読スルー。そして先月も既読スルー。

予想はしてたけど、やっぱり軽くでいいから返事してほしかったな。既読になるからブロックされてないだけすごいけど。

でも、彼女がコラージュの彼と幸せにいるならそれに越したことはないかな。

 

秒速5センチメートルを見ると、彼女のことを思い出さずにいられない。

ネットのおもしろさを教えてくれたのは彼女だったし、今でもネットの仕事をすることがある僕にとって人生にかけがえない時間をくれた人でした。

 

これが僕がネットで初めて人を好きになった歴史。最後の悪あがきで、URLは教えないけどブログに書いたことを報告してみて終わりにしよう。

帰省してもすることがない。みんな何をしてるんだろう。

年末年始だから帰省しているのだけど、何もすることがない。

僕の今までの生活が悪いのかもだが、小学校を卒業した時点でまったく小学校の友達とは連絡を取らなくなりFacbookで何人かかろうじてつながっている程度。中高の友達もそう。大学の友達は若干飲むことはあるが、ほとんどが僕と同じく上京しており東京で飲めばいいし、むしろ年末年始は家族と過ごすため一緒には過ごさない。
元カノなんかに会うっていう淡い過ごし方も、この歳ともなればとっくに終わらせていて別れた当時より気まずい関係。

一人でどこか出かけるにしても、年末年始なんて初売り以外どこも休業だったり開いてても混んでいる。というか買い物なんて東京でしないと持って帰るのめんどくさいだけだし・・・。

やることと言えば、親の車を借りて一人でドライブすることぐらい。見慣れた風景が徐々に変わっていく様を眺めても、地元への愛着が無い僕としてはたいして何かの感情が湧き上がってくるってこともなく。

本当は帰省したくない。たまにある出張とか結婚式とかで関西に来るぐらいがちょうどいい。親に顔を見せるという義務感だけで、わざわざ激混みの新幹線に乗ってすることも無い地元に帰ってくるのがつらい。

比較的自由に休みを取れる仕事をしてるんだから、本当は世間の年末年始とずらして帰ってきたいが親が求めてくる。というかずらしても別に帰ってきたくないか・・・。

ちょっと親と喧嘩になり、もう帰ってこなくていいか?と聞けば好きにしなさいといわれたので、本当にもう帰省やめようかと思う。別に親と縁切りするレベルの喧嘩ではないので、会いたかったら金出してやるから東京に来い、と言おう。

ずーっと私立で遠方に通っていたから徹底的に地元愛みたいなものが欠けている気がする。関西全般にふわっとした地元意識はあるものの、生まれ育った街自体にはそこまで思い入れがない。だって地元のスーパーに友達と行ったり、自転車二人乗りしてどこかへ行くなんて経験が無いから。いつだって電車で、神戸、京都、奈良、大阪を行き来してたから。中高の時、仲良かった男友達は三重と岸和田で、彼女は奈良だったり神戸だったり。そして今は東京で過ごし、東京で死んでいきたいと思っている。それこそ死んでも関西に居住を移したくない。もちろん、もっと年齢を重ねれば関西に戻りたいと思ったり、意図せず大阪転勤なんてこともあるだろう。そうだとしても地元の街より大阪のど真ん中のタワーマンションに住みたい。明日までの辛抱、明日になれば東京に帰れる。自分の生活に戻れる。ど田舎で閉塞した空気・・・みたいな漫画みたいな地方ではないけれども、僕の思いがここになさすぎて耐えられない。