読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散文的に笑う。

ネットコミュニティに巻き込まれたいサラリーマンクリエイター(笑)の雑記

既婚男性がマッチングアプリで合計6人会ってみた記録

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

2016年に春頃から合計6人に会ってみた。
先に断っておくが僕は既婚である。既婚であるがいろんな女性に会ってみたい、あわよくばゲスの極みになりたいという気持ちでTinderとやらをDLしてみた。

 

ご存知の方も多いと思うけど、一応説明しておくと異性の顔写真と年齢が出てきて、好みであれば右にスワイプ、好みでなければ左にスワイプという非常の優れたUXのアプリ。
お互いが右にスワイプするとマッチの通知が来て、トークが開始できるというルール。

しかもすごいのは無料ということ。右にスワイプする回数に一日あたりの制限があるので、それを解除するには有料といういわつるフリーミアムモデル。

 

正直、だらだらアプリ上でやりとりしていても意味はないので、僕がマッチすればトークで即ご飯でも行きませんか?と誘い、そのままLINEに移行というのを繰り返していて、最終的には2016年内で6人の女性に会うことが叶った。

 

中高生の頃から、スタービーチやらご近所さんを探せやら様々なサービスで出会ってきた僕とはいえ、もうネットで知り合った人と会うなんて普通のオフ会も含めて13年ぶり・・・。ドキドキしながら会った記録を残したいと思います。

 

 

1人目:31歳OLさん

Tinder始めてかなりすぐにマッチした人。なかなかタイミング合わず会えなかったけれど、やりとりを続けているとふいにスケジュールがちょうどよく急遽3:3のコンパ形式で会うことに。

同じ年齢位の30-33の男女6人でのコンパは女の子達も非常に楽しく盛り上がり、ソロで口説く派の僕としては久しぶりのコンパを存分に味わうことに成功。

来てくれた子達は結構がっちり彼氏候補探しにきていた模様。ただ、コンパもよくやっているから楽しければOK!みたいな空気。

しかし、やっぱりTinderでマッチしたこともあり幹事の子が一番かわいくて、その後何度か二人でデートして最後まで至る。
諸々の都合で最初から既婚であることを明かしていたため、口説くにも時間かかったもののその後もしばらく続いた本当にいい子。

ただ、向こうもいい年齢ということもあり、潔く身を引きました。

 

2人目:21歳女子大生

1人目の子とコンパしたあとすぐくらいに会うことになった女の子。

就活が終わった大学4年生ということで、ひましていて何人かTinderで出会ったという子。この子にも結婚していることは言っていたものの、居酒屋でご飯→バー→ホテルとかなりすんなり当日に流れたのでびっくり。

見た目は結構清楚系で落ち着いているものの(むしろかわいいけど地味目)、年上社会人ばっかり狙ってかなり遊んでいる模様。怖い怖い・・・。元カレも社会人だとか。

大学生と飲むより社会人と飲むほうが楽しいとのたまう彼女は、実際かなり大人びていてこちらも楽しくて、こんな子もいるんだなぁという驚き。

僕との関係をしばらく続けながらも、元カレと会ってやっちゃった話や大学生の彼氏ができた話をあけっぴろげに聞かせてくれてかなりアグレッシブな様子。

こういう話ってナンパや合コンで知り合った子は話してくれないから、ネットならではの出会いだなぁと感慨深かった。

 

3人目:30歳OL

多分唯一マジでイラっとした人。Tinderの写真で可愛かったので、張り切って恵比寿のレストランの向かうと、ホンモノもかわいい人。

しかし、話していると・・・、地方出身だけど東京赴任のお父さんと住んでるから(家にくるなアピール)門限があるよ(遅くまではいかないぞアピール)と、次々アピールが飛んでくる・・・。しかもTinderも本気の結婚相手探してると言われ、他にもomiaiとかマッチングアプリやってると。

どんだけ重い感じ出すんだよ、そんな重い感じ出すから彼氏できないんだろうがと。

で、既婚は隠しながら一応二軒目お誘いすると「門限があるから23時までなら・・・」といわれつつ、一軒目お会計しながらお話してると「いや、時間あるからその話二軒目でじゃだめ?」と、言われたので、もう二軒目やめて放流。

ちょっとイライラする人は無理だわ、、、と思いつつこちらにもイライラされてたのかなぁ?でも、それな二軒目は断ってほしかったな・・・。

 

4人目:25歳OL

 夏休みに実家に帰った時にマッチして会った女の子。

この子はほんとに対してかわいくなくて、彼氏ができずに困ってるっていう子だった。僕が東京からきているということを伝えていたから付き合ってほしいとかそういうのは言われなかったけど、一回目から抱かせてくれてその後も拒否されなかった。

多分、セフレとかそういう関係になるのは初めてなんじゃないかっていう感じだった。

 

5人目:29歳OL

不思議ちゃん。いい意味で昔のインターネットで出会ったことあるような、不思議ちゃんだった。

実際、その感想を伝えるとかなり昔からインターネットでいろんな人に会ったり、オフ会に行っていたらしくすごく昔懐かしいネットの香りも納得だった。
直接聞けてないけれど、多分初体験も高校くらいでネットで出会った大人の人だと思われる。

「この前ラブボ行った時にこんなことがあってー」とあっけらかんと話す人なものの、ネットの懐かしい空気に流されてぐいっとお誘いする事ができず。
2回目のデートでやっとホテルに行こうかってなって行きかけたものの、そのタイミングで奥さんから電話があり、びびって返してしまうという失態。

それ以降気まずくて会っていません。

 

6人目:38歳OL

唯一の豪快な年上。写真が目見開きまくったホラーみたいな写真ばっかりだったものの、1枚だけあったナチュラルなやつが美人だったので会うことに。

38だしさすがにもうガチ結婚狙いでもないかな、と予想していたら全然ガチ婚活。3人目と同じくomiaiとか色々つかって婚活しているという。

もちろん既婚なことを伝えるタイミングは失い、なんとなく3軒目まで行ってホテル行くんじゃないかって感じになったもののすでに深夜3時。帰らなきゃいけない僕にはもうタイムリミット。
キスがすごいガチで、もう婚活キスです!って感じで引きつつ放流。

その後、翌日から次はいつ会えるんだ?というロックオンなLINEが来まくったので怖くてブロック。

 

 

と、まぁこんな感じの最低な2016を送っておりました。

ただ、やっぱり実感したのがネットの人に会うって楽しいなぁということ。多分、女の子と遊びたいってことだけだとナンパとか合コンで十分で、実際他で会った普通にナンパした子とかもいたんだけど、ネットで出会う人ってもっと面白い。

イライラした子も含めて、こんな人世の中にいるんだ!とかの驚きが楽しくて楽しくて。

 

 今年は女の子にかぎらず、もっとオフ会とかネット的な人とかに色々会ってみたいなぁというのが目標。

増田で炎上した時の気持ち

お題「わたしの黒歴史」

 

過去一度だけ増田ことはてな匿名ダイアリーで炎上しちゃったことがある。当時はブログを書いてない時で、たまにニュースとか誰かのブログとかに憤った気持ちを増田に書き綴って気持ちを発散してた時期。とはいえ、3ヶ月に一回書くか書かないかの頻度だし、ほとんどトラバもブコメもつかなくて調子いい時で2,3個つくだけだった。

 

僕が炎上したのは、とあるネガティヴな話題がすごくホットで毎日のようにホッテントリにその話題がブログ、ニュース、増田関わらず上がってた時期。僕自身はそのニュースの当事者ではないんだけど、近しい業界にいたから色んな意見を見ていてもどかしい気持ちが爆発寸前だった。

 

ここが一番いけなかったポイントなんだけど…飲んでました。会社の飲みから帰ってきて、ベッドでだらだらはてブ見てて、なんだかもう我慢できなくなって思いの丈を増田に書きなぐった。お酒の力こわい。

 

とある事件に関して、はてな界隈ではAとBの意見があって、Aの方が優勢。B寄りの意見が叩かれ気味でホッテントリに入りやすいという状況。とはいえ全てのB寄り意見が炎上してるってわけでもなかった。

僕としては上がってるB派の意見もすべてを説明しきれている気がしなかったから、近しい者としてBの意見を書き込むことにした。

 

書き終わって10分もたたないうちにトラバが3件くらい、ブクマが5件くらいそのうち2件がコメントありという状況になりちょっとビビった。今まであんなにスルーされてきたのに…

比較的批判されてる感じではあったので、トラバには何件か返信。

 

そっから風呂に入ってもう一度確認すると70件ほどのブクマが。(風呂は長い方)

この時点でほとんどが批判的だったので結構気が気ではなかったけど、疲れてるし深夜だしでとりあえず就寝。

 

そして目覚めてチェックすると、300件超えのブクマかつ初めてのホッテントリ入り。はてブトップの一番上に載ってるのを見たときは気が遠くなりそうに…。恐ろしくてブコメは見ずに出社の支度を済ませ、通勤電車内でやっと確認。

 

いやぁへこんだへこんだ。もう罵詈雑言の嵐。それがはてブトップに乗り続け、どんどんブクマが増えていく恐怖。

会社に着く頃にはブクマは500になり、そこで僕はもう見るのをやめた。このことはキレイさっぱり忘れようなかったことにしよう。精神衛生的にはそうするしかなく、そっから一週間は目につかないようにするためはてなサービス自体何も開かなかった。

だから今、ブクマが何件あってどんなことが書かれてるかは知らない。

 

僕としては誰かを攻撃したり、貶めたりする内容ではなく、ただただこういう考え方もあるよ、今後議論が必要だよねー的な感じだったし、リアルでいろんな人とその会話した時はまぁ賛否両論くらいだったんだけどいくつか学んだことがあった。

 

めちゃくちゃ意見が偏る

そもそもA派が多いところにBを突っ込んでも無駄だった。みんなA派を前提としていて、Bという意見もあるかもしれないけどここがおかしい、とかではなくBはおかしい、Bとか考えること自体ありえないという意見ばかり。いわゆる頭ごなしという状態。

 

B派はコメントくれない

9:1でB派やそういう意見もあるよねーは1割くらいしか無く、そういうコメントくれてる人は他のブクマ見てると僕と同じ業界の人ばっかり。コメント無しのブクマも同じ業界っぽい人多かったから、完全劣勢側の人は発言しにくいんだろうなぁ。

 

最後まで読んでくれない

批判的な意見のかなりの数が論点がずれていた。それはどれもこれも途中で読むのやめないとそんなコメントかいてこないだろ!っていう内容ばかり。たまにいる中身は読んで無いけどっていう人が冗談じゃないことがわかった。

 

議論にはならない

僕はこうしたほうがいい、でも議論も必要だよね、という建設的な中身にしたんだけどブコメはほとんどが、違う、おかしいという主旨で代替案も提起も無し。これはブコメという自分の気持ちを書き捨てるサービスだから当たり前なんだけど、当時の僕はちゃんと理解しきれてなくてこんな事態になったと思う。コミュケーションとして設計されてるトラバの方が議論になる。感覚的には2ちゃんねるの方が「議論体質」かもなぁと。

 

とまぁこんな感じでめちゃくちゃへこんだし、めちゃくちゃ恐怖は感じていたものの学びにはなりました。ちなみに、これ以来増田には書き込んで無い。

 

やっぱり一番大事なのは飲んだら書かないこと!書くなら酔い冷めてから!芸能人の炎上ツイートもこんなテンションなんだろうなー。

そして、炎上したらとりあえず見なければいいと思います。僕はインターネット大好きっ子ですけど、心のどこかに所詮インターネット、リアルにはかんけーねー!しばらく見ないぞ!って思えば案外大丈夫!

好きなことだけ書いてアクセスアップする方法

www.hitode-festival.com

弱小ブログながら、一応仕事でプロのコンテンツ制作もしてる者としてはさすがヒトデさんとしか言いようが無いアクセスアップ術。
良質なコンテンツ+検索されやすいワードを散りばめる。もう、これにつきるんだよなぁ。だから自分が詳しいor得意な領域のHow to・まとめ最強。

 

ただ、僕のように趣味で息抜きで書いてる雑記ブログとしては「書ける」「戦略的にがんばっていけそうな領域」と「書きたいこと」がなかなか一致しない。とはいえ、僕なりに面白かったことの中から、面白いと思ってもらえそうだなという書き方はしているつもりなんだけど、書きたいこと優先だからなかなかPVを狙いにいく感じにならない。

いや、お前の文才が無いだけだろというのはもちろんあるんだけど。

 

書きたいこと書いて5〜20PVがせいぜいなところを、もうちょっと多くの人に読んでもらいたい。もう100PVとかでいいからそういう底上げをちょっとできればいいな、くらいの時って一体何をすればいいんだろう。

はてブとかでもたまに読者登録とか全然少ないのにわーってブクマついてる時あるけど、あれどういう経緯なんだろう。

 

ちなみに自分のブログで一番見られてるのは、現時点これ。

peach333.hatenablog.comこれって多分「今週のお題」経由でうまく見られただけなんだよなぁ。まぁスターがそこそこついてるから面白くは読んでもらえたのかもしれないけど。

新着記事が見にくくなったから読まれにくいってのもあると思う。

 

好きなことだけ書いてアップするということは記事内容じゃないところで工夫するしかないと思う。

  1. Webの知り合いを増やす
  2. はてブをつけまくる
  3. Twitterでもフォロワー増やす
  4. 検索されやすいワードを散りばめる
  5. 記事数を増やしてなにかしたひっかかるようにする
  6. 引きのあるタイトルにする

ぐらいしかないよなと。要は流入経路を増やしていくしかないと。

リアルでもネットでも人見知りな僕としてはなかなか1・3が難しい。2はまぁ絡まなくてもできるというか、はてブ自体楽しいからやってるけど。

 

完全にワガママなこと言ってるだけだからどうしようもないんだけど、稼ぎとかじゃなくてちょっと見られたり、ちょっと反応ある程度のモチベーションくらいはほしいのです。

毎日更新して記事数増やすんだ!みたいな努力を自分に課しちゃったら息抜きの意味が無いから、とりあえずは「うまく書けそうにないから今日はやめとこ」って思うことをやめて、思いついたら思いついたまま、何にも気にせず好きに自由に書いていくことだけはしようと思います。