読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散文的に笑う。

ネットコミュニティに巻き込まれたいサラリーマンクリエイター(笑)の雑記

一番の青春は大学時代だと思う。

最も自由で、堕落していて、それでいて悩みは多く、漠然とした希望と不安を持ちながら毎日を過ごす大学時代。いやいや高校だ、という人もいるかもしれないけど、やっぱり僕はこの時代が一番青春だった気がする。
もしかしたら、青春といえばなんとなく大都会ではない気がするから東京の大学に行った人は高校時代の方が青春だって思うのかも。

 

ある日は、授業にも行かず、気の向くままに自転車を飛ばしてお気に入りの公園やカフェを見つけたり。

またある日は目覚めたら夕方、目覚めたら彼女がちょうど授業から帰って来た所で、今日も学校行かなかったの?なんて聞かれながらボーッとして、彼女の作ってくれた晩ごはんを食べて、昨日借りたのに見れなかったDVD一緒に見る。彼女が選んだミニシアターの映画を見おわった余韻からのセックス。気がつけば深夜1時。なんとなくバイクでどっか行くかってなって、秋のバイクはもう寒いからって厚着して夜景鑑賞に繰り出す。途中で寒さに耐えかねて、マックのコーヒーで体をあっためる。もう彼女と何度も見た夜景を眺めながら叶うことの無い二人の未来を語り合い、冷えた体をひさしぶりにと2人で狭い浴槽であたためあう。もちろん、そのまま2回目のセックスは自然な流れ。風呂あがりに、シングルベッドで一つの布団を奪い合いながら寝付くのは朝5時。そんな時間に寝たもんだからまた起きれなくて、昼過ぎ起床。学校に行く気も起きなくて、何度目かわからないくらいに体を重ねて時間が過ぎていく。

もちろん学校に行く日だってある。幸い昼前には学校についたけれど、カフェテリア直行。友達たちとテストの情報交換。出席配分が低いらしいって噂聞いちゃったもんだから、バイクのメットを抱えてそのままカフェテリアのソファーで昼寝。後輩の女の子に笑われながら起こされて、5限の授業だけ出て帰りに吉野家を食べる。

 

そんな何気ない毎日が一番青春だったんじゃないかって春と秋の匂いがするたび思う。あんなになんにもなくて、なんでも楽しかった日々がもう来ないことが切なくて切なくて。

 

思い通りの仕事について、思い通り東京で幸せな日々を送っているけど、あの時期が本当の青春だったんだな。だからたまに思い出したかのようにバイクで走りたくなる。もう売っちゃったけど。

iqosで吸うタバコはまるでSFの悪役。それでも僕は喫煙し続ける。

僕は根っからのヘビースモーカーだ。吸い始めたきっかけは大した理由は特にない。何となくかっこよく見えたから。もっと詳しく言えば、この作品の主人公である”ミドリちゃん”に憧れたから。

多かれ少なかれ喫煙者は何かしらのタバコを吸う姿に「かっこいい」を感じたからタバコを吸いはじめたんだろうと思う。それはフィクションのキャラクターかもしれないし、身近な先輩かもしれない。僕もまさにその内の一人で、どうしてもどうしても”ミドリちゃん”になりたかった。
 
そうやって吸い始めて、年齢を重ねていくとどんどんとまわりが禁煙し始める年齢になった。社会の嫌煙の波に飲まれはじめたというのもある。
またひとり、またひとりと禁煙していく中で一つの新しい流れが生まれた。
巷で話題のアイコス。
 
 
僕はアイコスに替えてからいわゆる普通の紙巻きタバコを一切吸っていない。機能や喫煙したという満足感、どれをとっても申し分なくタバコ。けれどやはりタールが無い分体は楽。
今までこんなに体に負荷をかけていたのかという驚きと、タバコを辞める理由がまた一つ減ったという後悔が押し寄せる。
 
でも時々立ち止まって考えてしまうのは、これってホントにあの頃憧れたタバコの吸い方だっけ?ってこと。
人差し指と中指の間深めに挟んだタバコを口元にやるとほとんど口を覆う形になって、軽く吸い込んで口を離すとか静かにパッて音がする。アンニュイな目で紫煙をくゆらさせながら物思いに耽る。まるで文豪か、次元か。その域に達していなくたって、ミドリちゃんにはなれた気がしてた。
多分ニコチン以外の何か、時代の空気を吸っていた気がする。
 
それが、今はどうだろう。フィルターの先には怪しく緑色のLEDランプが光る黒い機械。効率的にニコチンだけを摂取する装置。まるで未来のドラッグ吸引の様な姿。
なんだか映画の悪役が中毒に陥ってるクスリみたい。ドラゴンボールのスラッグや、レオンのゲイリーオールドマンを思わせる、怪しい雰囲気。
 
それでも辞められないのがタバコなんだけど。
 
あの頃と違う未来の象徴が僕にとってはアイコスな気がする。この世のSF化のはじまり。もしかしたら、AIに人類が滅亡させられる歴史の始まりかもしれない。
そんなことを考えながら煙を吐き出す午前1時。
 
あの頃となんにも変わっていないのかも。
 

今まで経験した恋愛の修羅場3選

たまらなくこの修羅場が好きだ。
修羅場ってなんでこんなに楽しいんだろうか。

blog.kuroihikari.net

他人の修羅場だから、というより自分自身が修羅場に巻き込まれている時もニヤニヤが止まらない。そこに自らつっこんでいってしまう。

こういう修羅場に巻き込まれたくてブログ初めたのに最近全然書いていなかったので、自分の思い出の修羅場でも書いていこう。もちろんかんどーさん達に比べたら屁でも無い、ありふれた修羅場だけど。

 

1 離れてくれない女の子

大学生の頃神戸在住の女の子と付き合っていて、1年位経つ頃京都に別の彼女ができることになった。神戸の子は正直可愛くないし、初デートでホテルに連れ込んだ時に付き合わないとしないという条件を若さゆえに渋々飲んだ結果だった。とはいえ1年はしっかり付き合っていたんだからほめてもらいたいものだ。

どれくらい可愛くないかというと、たいしてイケメンではない僕なのに彼女のバイト先で何故あの子にあんな彼氏ができるのか?という話題になるくらい(別ルートで聞いた)だし、彼女自身も僕を周りに自慢しまくっていた。

そんなある日僕は京都の彼女が出来て初お泊まりのために、終電で京都に向かうことに。ちゃんと僕の中でけじめをつけようと、神戸の彼女には「今度正式に会って話すけど、君とはもう付き合えないごめん」という旨を電話で連絡した。そしたら予想以上に神戸の彼女は取り乱し、今から行くと突きつけてきた。

僕の家は神戸と大阪の間に位置していて、京都に向かおうと地元駅に到着すると神戸の彼女が待ち伏せていた。しかも僕の京都方面への終電の時間である。もちろん彼女が神戸に帰る電車はもう無い。

乗り込んでくる彼女と会話しながら京都行きの電車へと乗り込む。今日何がなんでも僕は京都に向かう。話し合いは後日だ。神戸まで行くタクシー代は払ってやる。降りろ。という修羅場を電車内で繰り広げたのだが、全く降りる気配はなくついには京都にまでついてきてしまった。

京都から神戸の彼女の家まではタクシーで2万超え。僕はもう払えない。マジで一緒にいてやらないからな、と通告し僕はその場を逃げ去り京都の彼女の家へと向かったのである。

最悪と罵られても構わない。後日、正式な話し合いの場で聞いたところによると神戸の彼女は京都の駅で座り込み、そこを通りかかった男にナンパされめでたく付き合うことになっていた。(噂によればその後ゴールイン)

いや、もう僕のおかげじゃん。

 

2 耳元で殺意むき出し

これまた大学の頃、合コンで知り合った彼女ができた。色々な大学の子がくる合コンだったが僕が付き合った子は同じ大学内の子。この子もセックスだけで終えとけばいいものを流れで付き合ってしまった子。

3股していた事がバレ、もう別れると向こうから通告。うん、それはしかたないねと僕も承諾して半年の関係は終了。

最後相当ぶちぎれていたし、どうか学内で出会わぬ様にと祈りながら通っていたけど無事会うこともなく、通学の電車も同じだけど顔を会わすこともなかった。

ほとぼりさめたかなぁと思った1年後、大学の最寄り駅から電車に乗り込み座った時だった。不意に横に女の子が座る。もちろん、予想通りの彼女である。

「久しぶり」

不敵な笑みで声をかけてくる彼女。僕は動揺しながらも努めて明るく返す。

「久しぶりだね!」

僕の通学バッグとともに持っていた女性ものブランドの紙袋を目ざとく見つけた彼女は、それは新しい彼女の?と笑顔を変えずに聞いてくる。こえー。こわすぎる。震えながらそうだよ、というと、付き合ってる時からなんとなく気づいてたんだ他にも女がいること。隠すのへただよね。次々と攻め立てる言葉を投げかけられて僕は無言。

やっと次の駅に電車が到着しそうになり降りて逃げるか思案していると、彼女が不意に耳元で囁いてから走り去って行った。

「会うのが今日でよかったね。半年前だったらホームで見かけたら突き落としてた。これからも後ろには気をつけて♡」

 お母さん。僕はまだ生きてます。

 

 3 ヤンキー男

社会人になって2年目。元カノと再会。ちょっとした再燃があり、しばらくデートを繰り返していた。とはいえ僕は東京、その子は神戸(さっきの子では無い)。半年に1度くらいのもの。僕にも新しい彼女もいるしちょっとした火遊びみたいなもんだ。

新しい彼女といる時にその元カノから着信がきた。音も鳴っている。もう取らないという判断をすると怪しい状況。彼女の目の前で取ることは憚られるが、取って間違い電話のフリして切ってやろう。ドキドキの状態でそう判断した僕は、意を決して通話ボタンを押して電話を耳に当てる。

「おい。○○(元カノ)の彼氏やけど、お前なんや?」

予想外すぎる展開。彼女の前で元カノからの電話でパニックという状態に追い打ちをかける展開。あぁ元カノの彼氏ヤンキーって聞いてたけどさ―・・・。

「あれ?いや・・・?違いますけど?はいはい。はーい」

これ以上ない冷静で事前の間違い電話作戦で押し通して通話オフ。

しかしまぁ、折り返してくる折り返してくる。彼女のに悟られないよう右手で通話オフ連打。電源切ってしまいたいが、それが間に合わないスピードのリダイヤル量。

そんな死闘の末なんとか電源をオフに。

その後も何度か元カノメールから久しぶりー!みたいなメールが来たが完全に彼氏からのトラップに違いないと踏んで完全無視。

男の嫉妬本当に怖いです。

 

 

とまぁ、いくつか修羅場ピックアップ。

修羅場の最中はもう恐怖心がすごいんだけど、終わってしばらくたつと面白いなと思えるんだよなぁ。

今回は僕が悪い修羅場ばっかりですが、機会があれば僕が浮気されている側での修羅場もまた。